MENU

セルフガソリンスタンドでの空気圧チェックの頼み方と自分でのやり方

車の安全性や車の維持を考えると、空気圧のチェックは非常に重要です。特に長距離運転前や気温の変動が激しい季節には、正確な空気圧の確認が必要です。

ガソリンスタンドで提供されている空気圧チェックサービスを利用する際、正しいやり方が大切です。特に、セルフサービスの場合には、空気圧のチェック方法が自分で行うかスタッフに頼むかが選択できます。初心者や経験の浅い方はどう頼んだら良いのか迷うこともあるでしょう。

このため、今回は、ガソリンスタンドでの空気圧の頼み方の正しい方法について解説いたします。またセルフサービスの場合にどのように空気圧のチェックが行われるか、そのポイントについても丁寧にご紹介します。

セルフスタンドで空気圧のチェックを頼みたいけどどうしたらいい?そんな話題に答えます。

この記事で分かること!
  • ガソリンスタンドでの空気圧チェック方法
  • セルフサービスでの空気圧調整の手順
  • 空気圧調整の適切なタイミングと場所
  • 空気圧不足の影響と重要性
  • 空気圧チェック時のマナーと注意点
目次

ガソリンスタンドでの空気圧チェックについて

ガソリンスタンドでの空気圧チェックでは、まずスタッフがタイヤの空気圧をチェック(または調整)した後、改めて確認を行います。混雑している時間帯はスタッフも忙しいため、すぐに対応してもらえないかもしれません。そのため、余裕を持った時間帯を選んで行くことをおすすめします。

空気圧チェックの流れ

到着後、ガソリンスタンドで空気圧チェック用のエリアに車を停めます。次に、空気入れの機械がどこにあるかを確認し、操作方法が分からない場合はスタッフに尋ねることができます。空気圧は必要な数値に設定し、車のマニュアルやドライバーズドアの側面に推奨される空気圧が書かれていることが一般的です。

タイヤのバルブキャップを外し、空気を入れます。必要な空気圧に達したかを確認し、全てのタイヤで同様の作業を繰り返してから機械を元の状態に戻します。セルフサービスの場合は自分で作業を行うことになりますが、初めての方も安心してください。空気圧チェックの経験豊富な方やスタッフがいるガソリンスタンドで作業することをお勧めします。

空気圧チェックは無料?

ガソリンスタンドでの空気圧チェックはほぼ無料で提供されています。日本国内での調査によると、約80%のガソリンスタンドが無料サービスを提供しています。残りの約20%では一定の料金がかかる場合がありますが、その料金は大体100円から300円程度とされています。参考になる動画もありますので、気になる方はぜひご覧ください。

ガソリンスタンドにおける空気圧調整の料金体系と注意点

自動車の燃費や安全性に影響を及ぼす空気圧調整サービスは、ガソリンスタンドが顧客のリピート率を高めるために無料提供することが一般的です。一方、有料のスタンドでは高度な調整機器を使用し、それに伴うコストを顧客に負担させることが一般的です。

したがって、ガソリンスタンドを利用する際には、料金体系を事前に確認することが非常に重要です。特に長距離ドライブなどで複数のスタンドを利用する場合は、確認は必須です。また、他のお客様に迷惑をかけないよう、空気圧の調整は慎重に行う必要があります。ガソリンスタンドでの空気圧調整は、他の利用者へのサービス提供に影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

空気圧調整器の設置場所

さらに、空気圧調整機の設置場所はガソリンスタンドのレイアウトや規模によって異なることがあります。都市部のスタンドでは、調整機がガソリンポンプから離れた場所に設置されていることが多いです。

これはスペース効率のための配慮です。通常、一施設で同時に調整できる車両は1~2台に制限されており、これは他のサービス提供に支障が出ないようにするためです。

ガソリンスタンドでの空気圧調整において、周囲のお客さんへの配慮が重要

ガソリンスタンドで空気圧調整を行う際、他のお客さんに迷惑をかけないようにするためには、いくつかのポイントに留意する必要があります。まずは、空気圧調整機の場所を確認し、他のお客さんが使用していないかを確認しましょう。その上で、作業時間を短く抑えるよう心がけることも重要です。一般的に、空気圧調整には5~10分ほどの時間がかかります。

一方、エネオスでは高度な空気圧調整サービスが提供されており、他のガソリンスタンドとは一線を画しています。エネオスの空気圧調整機は、高性能で精度の高いものが多く、±0.1psiの精度で空気圧を測定できます。この高精度な機器を使用することで、車の燃費向上やタイヤの寿命延長などのメリットが得られます。

エネオスならではの空気圧調整サービス

さらに、エネオスでは空気圧調整に関する独自のシステムが存在し、タイヤの種類や車種、気温や湿度などの影響を最小限に抑えて最適な空気圧調整が行われます。一部のエネオススタンドでは専門のスタッフが高度な調整を行う他、空気圧調整後には専用のレシートが発行され、調整前後の数値や時間、次回の調整時期などが記載されます。これにより、透明性と信頼性を提供しています。

以上のように、エネオスでの空気圧調整は他のガソリンスタンドと比較して高度なサービスが受けられ、品質にこだわる方におすすめです。空気圧調整を行う際には、周囲のお客さんにも配慮し、スムーズに作業を行うよう心がけましょう。

空気圧が不足するとどうなるのか?

車のタイヤには、適切な空気圧を維持することが非常に重要です。なぜなら、空気圧が不足するとさまざまなデメリットが生じるからです。

まず、空気圧が低いと燃費が悪化します。タイヤの接地面積が増え、それによって走行時の抵抗も増加します。これにより、車のエンジンがより多くの力を必要とし、燃費が悪くなるのです。

さらに、タイヤの摩耗も早まります。空気圧が不足すると、タイヤの特定の部分に過度な摩耗が生じやすくなります。これが摩耗が進行し、タイヤの寿命が短縮される原因となります。

そして、空気圧が低い状態では、タイヤの操縦安定性が低下します。急なカーブやブレーキング時には、タイヤが地面に適切に接地せず、スリップやスキッドのリスクが高まります。このような状況は交通事故の引き金となる可能性もあります。

さらに、空気圧が不足するとタイヤがパンクしやすくなります。特に高速道路での運転においては、危険な状況を引き起こす可能性があります。

つまり、車の安全性や経済性を考えると、定期的な空気圧のチェックと調整を怠らないようにすることが重要なのです。

ガソリンスタンドでの空気圧チェックの際のマナーについて

専門家の間では、月に一度の頻度でタイヤの空気圧を確認することが推奨されています。特に、季節が変わる時や長距離運転をする前などは、細心の注意が必要です。ガソリンスタンドでの空気圧チェックを行う際には、他のお客さんに気を使い、スムーズに作業を進めることが重要です。

まず、空気入れの場所を探す際には、ガソリンポンプから5〜10メートル離れた場所に設置されていることが一般的です。そして、空気入れの周囲に他のお客さんがいるかを確認しましょう。もし他の人が作業をしている場合は、その人たちに迷惑をかけないよう、空気圧調整機の使用状況を確認して適切なタイミングで作業を始めるようにしましょう。

空気圧調整機の操作には通常5〜10分ほどかかるため、他のお客さんが給油をする可能性も考慮に入れておくと良いでしょう。そして、空気圧調整機には使用中を示すインジケーターがついていることが多いので、その表示を確認することで、他のお客さんとの円滑な作業が可能です。たとえば、赤色なら使用中、緑色なら使用可能など、色で状況が分かりやすく表示されています。

これらの点に気をつけることで、混雑したガソリンスタンドでも他のお客さんに迷惑をかけず、スムーズに空気圧調整を行うことができます。

ガソリンスタンドにおける空気入れの設置場所と最適な時間帯

ガソリンスタンドに備えられている空気入れは、スタンドによって場所が異なることがあります。主には、ガソリンポンプの近くにあることが一般的です。しかし、スタンドのデザインやスペースの都合によって、配置場所は変わることがあります。

都市部の狭いガソリンスタンドでは、空気入れがポンプから離れた場所にあることも珍しくありませんし、高級なスタンドやサービスエリアでは専用のスペースに設けられることもあります。設置される場所は、店舗のサイズや車両の流れ、地域ごとの状況によって異なります。したがって、事前にそのスタンドの仕組みや設備を調査することが望ましいでしょう。

また、空気入れの最適な時間帯は、スタンドの混雑状況や地域性によって変わります。平日の午前10時から午後2時は、比較的空いているとされており、仕事や学校に行っている人が多いため待ち時間が少ないです。さらに、空気圧調整は気温や湿度が安定している時間帯に行うのが理想的です。

気温が極端に高いときや低いときに調整すると、タイヤ内の空気の圧力が適切にならない可能性があるため、朝や夕方、気温が穏やかな時期に空気を入れることが推奨されます。

セルフサービスでの空気圧調整の方法

ガソリンスタンドにおいて、週末や夕方、特に金曜日の夕方は、多くの人が週末のドライブの準備で訪れることから、混雑している可能性が高いです。そのため、空気圧調整を行う際には、このような時間帯は避け、空いている平日の昼間に行うことが望ましいです。また、気温や湿度、自身のスケジュールなども考慮に入れることが重要です。

空気圧調整をする場合、まず空気圧調整機の操作パネルを確認します。通常、このパネルにはPSI(ポンド毎平方インチ)やkPa(キロパスカル)などの単位で空気圧が表示されます。ほとんどの新車には、タイヤの側面や運転席のドアに推奨される空気圧が記載されています。各種の車種やタイヤ、さらには搭載物の重さに応じて、設定する必要がありますが、これには専門的な知識が必要です。特にSUVやトラックは、一般的な乗用車よりも高い圧力が求められることがあります。

ホースをタイヤにつなぐ際には、確実に接続が固定されていることを確認します。なぜなら、接続の問題が原因で約5%のケースで誤った空気圧になる可能性があるからです。バルブキャップが正しく取り付けられていないと、空気漏れが発生する可能性が高いため、特に注意が必要です。空気を入れる前後で圧力計を使用して空気圧を確認することが推奨される理由は、設定した圧力が正確であるかを確認するためです。

以上のように、セルフサービスでの空気圧調整には、専門的な知識と気をつけるべき点が多く存在します。

車のタイヤの空気圧を正確に測定するためのポイント

車のタイヤの空気圧を正確かつ安全に調整するためには、いくつかのポイントを押さえて作業を行うことが重要です。まずは、タイヤの空気圧を定期的に確認することが推奨されています。一般的には、月に1回以上の確認が望ましいでしょう。

特に長距離を走行する予定がある場合や、気温の変動が大きい季節には、さらに頻繁な確認が必要です。さらに、気温の変化がタイヤの空気圧に与える影響も意識しておく必要があります。

気温が10℃変動すると、タイヤの空気圧は約1 PSI(約0.07 bar)変わると言われています。そのため、タイヤを測定する際には、タイヤが冷えた状態であることが望ましいです。タイヤが温まると空気が膨張し、正確な測定が難しくなる可能性があるからです。

最適な測定タイミングは、車を3時間以上停めておいた後や、走行距離が2km以下の状態でタイヤの空気圧を測定することです。専門的なゲージの選定や測定頻度、そして測定条件を考慮することで、より正確な空気圧の管理が可能となります。これらのポイントに留意しながら、タイヤの空気圧を適切に調整して、車の安全性を確保しましょう。

実際にセルフスタンドで空気圧チェック頼んでみた

愛車のホンダ・フリードのタイヤ空気圧が少し気になっていたため、近所のENEOSセルフガソリンスタンドへと向かった。自宅から車で10分ほどの距離にあるENEOS

到着してすぐ、スタッフの方に空気圧のチェックをお願いした。スタンドのスタッフは非常に親切で、それぞれのタイヤを丁寧にチェックしてくれた。特に、タイヤの空気圧を調整する際には、適切な圧力がどれくらいかを教えてくれるほど親切でした。

スタッフの説明によると、タイヤの空気圧は安全はもちろん、燃費の改善にも直結するとのこと。私のフリードの場合、推奨される空気圧は前輪が220kPa、後輪が200kPaであることをもとに、スタッフがタイヤごとに細かく調整を行ってくれた。

店員さんによると、セルフのガソリンスタンドでタイヤの空気圧チェックを断られる店舗もあるので、必ずしてくれるわけではないみたいです。

セルフガソリンスタンドでの空気圧チェックの頼み方と自分でのやり方:まとめ

安全なドライブをするためには、燃費を改善したりタイヤの寿命を延ばすために、定期的にタイヤの空気圧をチェックすることが不可欠です。

ガソリンスタンドで給油する際に、タイヤの空気圧を確認することができれば非常に効率的です。スタッフに依頼することも可能ですが、この記事で説明した方法を使って自分でも簡単に行うことができます。

万が一、タイヤの空気圧が低い場合は、すぐに修理するか、警察に通報して危険を未然に防ぐことも検討してください。

これで安心してドライブに出かけられますね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次