MENU

クリスタルキーパーは意味がない?どれくらい持つのか徹底調査

車の外装を保護するために、KeePer技研株式会社によって開発されたクリスタルキーパーは、カーコーティングメニューの1つです。このコーティングは、車の塗装を強力な皮膜で覆うことで、紫外線や擦り傷からボディを守る役割を果たします。

クリスタルキーパーは、他にもダイヤモンドキーパーやWダイヤモンドキーパーなどの姉妹商品が存在し、これらを総称してキーパーコーティングと呼びます。施工は、キーパーラボやプロショップなどの看板を掲げたガソリンスタンドをはじめ、全国に6,200店舗ある施設で行うことができます。

目次

クリスタルキーパーは意味がない?特徴や口コミ

クリスタルキーパーは、汚れや傷がほとんどない新車やボディに対して効果的なコーティングです。ただし、既存の汚れや傷がある場合は、それをコーティングするため効果が半減します。クリスタルキーパーを施行すると、透明感のある艶やはっ水性、塗装の保護が長期間持続します。このため、一定の条件下では有効なコーティングと言えます。

もしガソリンスタンドの店内で「クリスタルキーパー」という看板を見かけた際、その名前からおそらくカーコーティングやワックスのような処理だろうと思われるかもしれませんが、その詳細について知らない方もいらっしゃるでしょう。それゆえ、以下では、クリスタルキーパーとは何かを詳しく説明します。

クリスタルキーパーは、KeePer技研株式会社が提供するカーコーティング製品であり、施工することで美しい外観を持つ透明なベールで覆われます。さらに、厚い皮膜によって塗装面が長期間保護され、劣化を防ぐことができます。

クリスタルキーパーの特徴と適応車両

クリスタルキーパーは、日本全国のガソリンスタンドで受けることができるコーティングサービスです。このクリスタルキーパーは、車の表面に塗ることで保護するためのムラの無いガラス質コーティングで、塗装面の面積によって16,600円から31,300円の料金がかかります。一方、ダイヤモンドキーパーやWダイヤモンドキーパーといった姉妹商品もあり、料金はそれぞれ47,500円から125,100円となります。このクリスタルキーパーは、一般的なコーティングと異なり、下地処理の割合が少なく、塗装に重点を置いているのが特徴です。そのため、汚れや傷が多い車には向かず、新車や傷が少ない車にお勧めです。ただし、クリスタルキーパーのサービスを利用する際には、信頼できる施設を選び、適切なタイミングで施工を検討することが重要です。

ボディコーティング施工の品質に不満を感じている方

おそらく、ご指摘の通りボディコーティングの施行が所々でムラや垂れた痕跡が見られるなど、満足いく結果になっていないのですね。縦線のムラや水垢のような跡が残ってしまうのは、やはり不安を感じることでしょう。施工店に再度連絡し、再施行の約束を取り付けたとのことですが、果たして全てが元通りにきれいになるか不安ではないでしょうか?

残念ながら、価格に見合わない仕上がりや勧められたコーティングの効果が実感できないと感じることは、本当に不快な状況です。それに、施工店の技術力を疑わざるを得ないような問題も発生しているようですね。料金を支払っただけあって、お客様は高い満足を求めるのは当然のことです。

また、施工された車の状態を見て、その品質に疑問を感じることもあるでしょう。クリスタルキーパーを施工し、それでも鉄粉の除去や塗装の仕上がりに問題が生じると、複雑な気持ちになりますね。改めて、施工店や商品の選択時には、信頼性や評判をよく吟味することが必要です。

こうした不満を解消するためには、再施行が行われても同じ問題が再度起こらないよう、施工前にしっかりとした相談や要望を伝えること、適切な施工店や商品を選定することが重要です。どうか、お客様の不安や不満が解消され、満足いく仕上がりを得られますように。

クリスタルキーパーを利用するメリット

普段から車を大切にしているつもりでも、年月が経つと汚れや傷が目立つ古い車になってしまうことがあります。そんな時、クリスタルキーパーのようなコーティングを施すことで、車の外観をいつまでも美しく保つことができます。しかし、コーティング技術には店舗間の差があり、技術力の違いが結果に大きく影響します。

そのため、クリスタルキーパーを施す店舗を選ぶ際には口コミや評判をよく調べることが重要です。実際に施工を行った方々のリアルな声を参考にすることで、自分の期待に沿ったコーティングを受けることができ、後悔することもありません。

クリスタルキーパーの維持効果について

クリスタルキーパーを利用する最大のメリットは、新車の輝きを長期間保つことができる点です。年に1度の施工によって、2層の塗膜が車の塗装を紫外線や風雨から保護し、撥水効果によって汚れがつきにくくなります。そのため、日々のお手入れも軽くて済みます。コーティング剤の耐用年数は1年と短いですが、その価格を考えると満足度は高いと言えるでしょう。継続してクリスタルキーパーを施工することで、車の輝きを保ち続けることが可能です。また、新車に乗り換える際にも再度クリスタルキーパーを施工することで、古い車でも新車のような美しさを取り戻すことができます。

クリスタルキーパーは意味がない?効果やメリット・デメリットなど

クリスタルキーパーは意味がない?効果やメリット・デメリット

車の研磨とクリスタルコーティングについて

古い車をきれいにするために、クリスタルキーパーのコーティングを施工する際には、研磨作業も重要です。研磨をすることで、洗車キズや細かなキズをある程度取り除くことができます。古い車を購入した場合、ボディに細かなキズが付着していることがあります。これらのキズを軽く研磨することで、車を美しく仕上げることが可能です。

先述の場合、施工前に研磨を行い、その後にクリスタルコーティングを施工すると、効果的な仕上がりを期待することができます。例えば、洗車キズが気になっている場合や、ホイールにブレーキダストがべったり付着している場合も、研磨とコーティングを組み合わせることで新車のような光沢を取り戻すことが可能です。

ただし、施行前に十分な研磨を行うことがポイントです。クリスタルコーティングだけでは古い車のキズや汚れを完全に取り除くことは難しいため、研磨作業を含めて施工を依頼することがおすすめです。料金がかかる部分もあるかもしれませんが、その分効果や耐久性が高くなります。

施工後の仕上がりについて不安や疑問がある場合は、担当者に確認を求めることも大切です。また、施工をする際には信頼できる店舗を選び、信頼関係を築くことが重要です。常に車を美しく保つためには、定期的な施工やメンテナンスが必要なので、継続的なお手入れを心がけましょう。

自動車コーティングのメリットとデメリット

自動車のコーティングには、いくつかのメリットとデメリットがあります。今回は、クリスタルキーパーというコーティングについて詳しく見ていきましょう。

クリスタルキーパーは、下地処理を省略して塗りを重視している点が特徴です。そのため、新車や新車に近い車に施工すると効果が高くなります。しかし、古い車や傷の目立つ車には効果が半減してしまうことがあります。そのため、料金が高いにも関わらず満足できない結果になる可能性があります。

一方、クリスタルキーパーのメリットとしては、施行後の光沢感が強く、効果が長期間持続する点が挙げられます。また、厚い皮膜が形成されることで紫外線や酸性雨から車体を保護し、劣化を遅らせる効果も期待できます。また、1年間の洗車メンテナンスでも効果が持続するため、手間をかけずに車を美しく保つことができます。

クリスタルキーパーの効果は10年落ちの車にも意味がある?

クリスタルキーパーは、新車のような光沢感を持続させることが特長です。そのため、10年落ちの車でも、クリスタルキーパーを施工することで、光沢感を維持する効果が期待できます。元々光沢感が失われている状態でも、クリスタルキーパーによって、塗装面を保護し、美しい輝きを取り戻すことができます。

つまり、クリスタルキーパーは車の年式に関係なく、光沢感を長期間維持する効果があります。ですので、10年経過した車でもクリスタルキーパーを施工することで、美しさを取り戻すことが可能です。

クリスタルキーパーの効果と注意点

クリスタルキーパーは、下地処理をあまり行わず、新車や新車に近い車体の光沢感を保護することを主な目的としています。ですが、古い車に施しても同じような成果を期待することはできません。なぜなら、古い車への適応性が限られているからです。このコーティングをする際には、いくつかの注意点があります。

クリスタルキーパーを施すことができるのは、おおむね「キーパーラボ」と呼ばれる直営店や「キーパープロショップ」と呼ばれる提携したガソリンスタンドです。専門的な面や技術力に関しては、「キーパーラボ」が優れているとされていますが、地域によっては「キーパープロショップ」の技術力にばらつきがあるため、口コミなどを事前に調べることが重要です。

また、クリスタルキーパーの耐久期間はおおよそ1年間とされています。1年ごとに再度施工することで、光沢感を持続することができます。しかし、クリスタルキーパーは料金が高額であり、下地処理を省略しているため、古い車にはあまり適していないことを理解しておくことも重要です。

自動車コーティングの比較:ダイヤモンドキーパー vs クリスタルキーパー

ダイヤモンドキーパーとクリスタルキーパー、どちらを選択するべきか悩んでいる方もいるかと思います。ダイヤモンドキーパーは、クリスタルキーパーよりもコーティングの皮膜が厚く、より強い光沢感が得られます。この効果は長期間持続するため、洗浄のみのメンテナンスで、最大3年間も効果を感じることができると言われています。対して、クリスタルキーパーの保護効果は約1年程度です。このため、3年間の観点から比較すると、ダイヤモンドキーパーの方がコストパフォーマンスが高いと言えます。

しかし、キーパーコーティングには欠点も存在します。それは、全国の提携ガソリンスタンドの技術力にばらつきがあることです。技術力の低い店舗で施工を受けると、満足できる効果を得ることが難しくなります。その結果、不満足な状態で施工を受けた利用者が広める情報により、ブランドの信頼性が低下する可能性もあります。

クリスタルキーパーは意味がない?どれくらい持つのか徹底調査まとめ

まとめると、クリスタルキーパーも決して無駄ではありません。特に、新車や良好な状態を保っている車に施工することで最適な効果を得ることができます。ただし、古い車や光沢感の不足している車に対しては、効果がそれほど現れないこともあります。クリスタルキーパーを、新車や良好な状態を維持したい車のためのサービスとして活用することで、長期間美しい状態をキープすることが可能です。

ただし、一部否定的な意見も存在します。クリスタルキーパーが効果がない、または保護効果がわずか1年しか持たないといった声もあるため、この点についても検証が求められます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次