MENU

車のACCモードでバッテリーあがる?時間はどれぐらい使用可能か

車が停車している状態で電源を入れて、スマートフォンを充電したりカーオーディオを楽しむことができるACCモード。長距離ドライブの途中で休憩を取る際などに、利用される方も多いのではないでしょうか。

しかし、ACCモードの利用がバッテリー上がりを引き起こす可能性があることをご存知でしょうか。この記事では、ACCモードの使用でバッテリーが上がる時間や、上がりやすくなる条件、そして万が一バッテリー上がりが起きた場合の対処法などについて詳しくご説明いたします。お車のメンテナンスにお役立てください。

目次

車のACCモードでバッテリーあがる?特徴や対処法について

車のACCモードでバッテリーあがる?特徴や対処法について

車のACC(アクセサリー)モードについて詳しく解説します

車のACCモードとは、エンジンを切った状態でもスマートフォンの充電やラジオ、カーオーディオなどの利用が可能な機能です。つまり、燃料を消費せずに騒音を気にすることなく電力を使用できる便利な機能なのです。ACCモードの使用によるバッテリー上がりについてご存知ですか?

このACCモードを利用していると、どれくらいの時間が経過すればバッテリーが上がってしまうのでしょうか。ACCモードで車を放置した場合と、テレビなどを多用した場合とで異なる時間帯が生じることから、それぞれ詳しくご紹介していきます。まずは、ACCモードで車を放置した場合、約4~5時間でバッテリーが上がることがあります。

ACC(アクセサリー)モードを放置した結果、車のバッテリーが上がってしまう。

車のバッテリー消費に影響を与える状況

車のバッテリーは、スマートフォンの充電や暑さでエアコンを使用するなど、おおよそ4〜5時間で消耗すると言われています。普段の運転では問題ないかもしれませんが、車中泊や長い仮眠を取る際などは、ACCモードをオフにしないように気をつけなければいけません。テレビなどの過剰使用は、ACCモードで0.5〜2時間でバッテリーが上がってしまいます。

次にACCモードでテレビやエアコンを過剰に使用した場合です。この場合、おおよそ0.5時間から2時間でバッテリーが消耗します。ACCモードで使用できる装備には、室内灯やヘッドライト、エアコン、オーディオなどがあります。これらを同時に使用すると、わずか30分でバッテリー切れになることもあります。ACCモードであっても、全ての機器を同時に使用するのではなく、限度を考慮して使用することが重要です。状況によっては1時間でバッテリー切れになることも!

先ほどアクセサリーモードでの電力消費についてお話しましたが、条件によってはさらに短い時間でバッテリー切れになることがあります。それは、以下のような状況です。冬の低温ではバッテリーの消耗が進むことがあります。バッテリーは化学反応を通じて充電と放電を繰り返しています。しかし、寒さが厳しくなるとこの反応がうまく行かず、充電がスムーズにできずバッテリーが消耗しやすくなります。また、冬は温暖化のために暖房の使用時間が長くなり、日照時間が短いためヘッドライトの使用時間も長くなります。その結果、電力消費量が増え、バッテリーの消耗が進むことになります。車をあまり使用しない時はバッテリーの消耗が進むことがあります。長時間車を放置して使用しないと、バッテリーの消耗が進みやすくなります。

車のACCモードの口コミ

車をACCモードにします。
オーディオをかけます、ライトを点けます。ワイパーを動かします。
走行中と違う感じがしたらバッテリーは弱ってます。

https://x.com/hinamina7/status/1722610578852880781

夜勤終わって帰りコンビニでゆっくりしてたら
知らない若い男性に話しかけられた

どしたのと思ったら車のバッテリーが上がったみたいだった

コンビニでACCモードにして車で寝てたらなったみたい

私車いまないからとりあえずいろいろ教えたりして無事エンジンかかった

なんかいいことしたな

https://x.com/Sinon_0821_GGO/status/1702842128127422521

ACCモードがないACCカスタマイズオフの状態では、車から離れるまで、アクセサリ電源に接続されている電子機器が電力を消費してしまうので、バッテリー上がりに繋がるようです。NXではACCカスタマイズをオン、オフできますが、普通のユーザは知らないのでバッテリー上がりになる可能性があります。

https://x.com/nx_take/status/1647895882745151489

昨日ACCモード中に車の中でスマホ2台をUSB-C充電して登山口で寝たら、2時間後にはハイブリッドシステムが再起動ループになってしまってめちゃ焦った。
アウトランダーPHEVの補機バッテリーは容量が低いのでバッテリー上がり注意だそうで見事に引いてしまいそれに引っかかってしまった。

https://x.com/makin55/status/1731331463386366020

車のACCモードでバッテリーあがる?バッテリーに関して

車のACCモードでバッテリーあがる?バッテリーに関して

バッテリーの放電と寿命について

バッテリーの放電と寿命について詳しく解説します

バッテリーは、車のオーディオやライト、エアコンを使わなくても、何もしなくても自然と電力を消耗していきます。さらに、時計の動作なども少しずつ電力を必要とします。普段車を頻繁に使用していれば、走行中に発電機が作動し充電されますが、長期間車を放置していると発電機が回らず電力が充電されないため、バッテリーの電力は減少し、ついには上がりを起こす可能性があります。バッテリーの寿命は2~5年と言われており、寿命が近づくと充放電の化学反応が低下し、バッテリー上がりが起こりやすくなります。5年以上使用していたバッテリーは、いつ上がってもおかしくないため、早めに交換を検討することをおすすめします。

ACCモードでのバッテリー上がりについて、具体的な事例を3つご紹介します。自らが同様のトラブルを経験しないよう気をつけましょう。

例1:ラジオを5分間つけたまま駐車した結果、バッテリー上がり

たった5分の間、ラジオを聴いているだけでバッテリーが上がってしまったというケースがあります。わずかな時間で車が動かなくなる状況は驚くべきことです。ただし、通常の状態であれば、5分間のラジオ鑑賞だけではバッテリー上がりはほとんど発生しません。したがって、このような事例では、バッテリー自体が劣化している可能性が高いことも考えられます。

例2:ACCモードで音楽を聴いていた際にバッテリーが上がった例

ACCモードで音楽を聴いている最中に、バッテリー上がりが発生したケースも報告されています。充電が行われない状況下であっても、オーディオなどのわずかな電力消費が積み重なり、バッテリー上がりを引き起こす可能性があることを覚えておきましょう。

車のバッテリー上がりを防ぐための対処法

エンジンが始動していない状況での電力消費は、バッテリーが上がる可能性が高まります。例えば、ドライブレコーダーやカーナビを操作中にバッテリーが上がることがあります。これらの機器は多くの電力を必要とするため、長時間使用する場合は、一度少し走行してバッテリーを充電した後に再び利用することで、バッテリー上がりを予防できます。なぜなら、エンジンが稼働していれば、十分な電力が発電され、バッテリーの電力が減少しないからです。ACCモードでの使用後にバッテリー上がりが心配な場合は、エンジンをかけて少しドライブし、再び駐車して利用すると安心です。

バッテリー上がりが発生した際には、自力で解決する方法や家族や友人のサポートを受ける方法、専門業者を呼ぶ方法などがあります。緊急時に1人で対処する場合、ジャンプスターターを使用する方法があります。ジャンプスターターは、車用のモバイルバッテリーのようなもので、車のバッテリーに接続してエンジンの起動に必要な電力を供給することができます。価格は2000円〜10000円程度で入手可能であり、コンパクトなサイズなので、緊急時の備えとして一つ用意しておくと便利です。詳細は、専門の記事や店舗でご確認ください。

ジャンプスターターの活用方法

効果的な対処法車のバッテリー上がりに備える!ジャンプスターターの活用方法から救援車の活用法まで詳しく解説

車のバッテリーが上がってしまった際、自力で対処したいと思う方には、ジャンプスターターが役立ちます。これは、助けを求めることなく自分で問題を解決できる便利なアイテムです。ジャンプスターターは、バッテリーを充電するための装置で、緊急時に大変役立ちます。例えば、Arteck ジャンプスターターは、12V車用エンジンスターターやポータブル充電器として使える上に、LED緊急ライトも搭載されており、スマートフォンの急速充電にも使える優れものです。専用の日本語取扱説明書もついており、使い方も簡単に理解できますので、ジャンプスターターの活用を検討してみてください。

もしもジャンプスターターを所持していない場合でも、バッテリーが正常な他の車(通常は救援車)から電気を供給する方法があります。この方法では、ブースターケーブルと呼ばれる特殊なケーブルを使用します。このブースターケーブルには、両端にバッテリー端子を挟むクリップが取り付けられており、赤と黒の2本のケーブルがあります。これを使って救援車から電気を流すことで、バッテリーを起動することができます。ブースターケーブルは通販やカー用品店で手に入れることができますので、備えておくと安心です。

ロードサービスの活用方法

他にも、ロードサービスや救援業者に依頼してバッテリー上がりを解決する方法もあります。例えば、JAFというロードサービスの会員になると、年会費4000円でバッテリー上がり時の修理が無料で受けられます。非会員の場合は13130円かかりますので、定期的な車のメンテナンスと合わせて適切な選択をすることが大切です。

通常の状況で、ロードサービスの対応時間は30分程度であり、特別な渋滞や離島などでなければ、そこから大きく逸れることはないと言われています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次