まだまだ平家の落人伝説はあります

まだまだ平家の落人伝説はあります

たくさんの平家の落人伝説に、わりと多く見られるのが安徳天皇が落延びた伝説です。「壇ノ浦の戦い」は平家滅亡となった最後の戦いですが、この時に安徳天皇は入水したとされています。安徳天皇の異母弟の守貞親王は救出されていますが、廃線を覚悟した時点で平家の一門は次々と海へ身を投げていますがしっかりと逃げ切った人も実際にはいるようなので、平家落人伝説は語り継がれているのでしょう。それにても、どうして安徳天皇の落延びた伝説が多いのかも知りたいものです。

近畿地方の平家の落人伝説

三重県伊勢市矢持町
こちらの地に 「平家の里」という名前が残っています。
三重県志摩市磯部町五知
この地区にある福寿寺には、「平家の赤旗」と伝えられている旗が保存されています。
南島八ヶ竃:三重県度会郡南伊勢町
南伊勢町に多く見られる「竃」が付く地名ですが、もとはというと平家の残党が住み着いて塩を作りながら生計を立てていた集落だとされています。
大阪府豊能郡能勢町
こちらにも安徳天皇が逃れたという伝説が残っていて1185年に能勢の野間郷に逃れて、その翌年に崩御したとされています。そのため「安徳天皇来見山御陵墓」があります。
奈良県吉野郡野迫川村平
平維盛がその生涯を終えた場所とされています。そして平維盛塚の付近には現在整備されていて「平維盛歴史の里」になっています。
奈良県吉野郡十津川村五百瀬
こちらの山林中には、平維盛の墓だと伝えられている祠があります。
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町口色川
平維盛が屋島から逃亡して、この紀伊国色川郷に隠れ住んだと伝承が残されています。
和歌山県日高郡みなべ町堺
国道42号線沿いに平家塚がありますが、ここでは年に一度地元の常福寺が「平家祭り」を行っています。こちらには平家の落ち武者がこの地に流れ着いて、幟をあげてしまったため源氏の落ち武者狩りにあってしまい結果平家は絶滅したため、それからこの当地では鯉のぼりをあげなくなったという言い伝えがあります。

中国地方の平家の落人伝説

鳥取県鳥取市国府町岡益
こちらの「岡益(おかます)の石堂」には、安徳天皇とその一行がたどり着いたとされています。そして壇ノ浦の戦いから2年後の1186年に崩御したとされています。
鳥取県八頭郡若桜町
平経盛たちが郎党らと落ち延びて、この地で自刃したと伝わっています。
鳥取県八頭郡八頭町姫路
こちらにも安徳天皇とその一行が落ち延びたという伝説が残っています。そしてその時に安徳天皇に付き従った女官のものとされている五輪塔が存在しています。
鳥取県東伯郡三朝町中津
こちらにも 安徳天皇が落ち延びたという伝説があります。
岡山県久米郡久米南町全間
平維盛の末裔が落ち延びて、その後裔が名を持安氏と称して幕藩体制で全間を治めたとされています。ここは山上の隠れ里のようになっているため、平氏や貴族そしhて関ヶ原で敗れた石田光成といったさまざまな落人伝説が伝わっています。
広島県庄原市
民謡の「敦盛さん」が伝わっていますが、その内容は、熊谷直実に討たれたとされる平敦盛が実は生きて庄原に落ち延びたという話の民謡になっています。
広島県福山市沼隈町横倉地区
この地に落ち延びた平通盛(清盛の弟:教盛の長男)一行ですが、山南川を奥へと分け入って横倉に隠れ住んだという伝承があります。そのため、横倉には平家をしのぶ痕跡が多数あって平家谷とよばれています。この地にある赤旗神社には平家の軍旗の「赤旗」が祀られています。
広島県尾道市百島
「壇ノ浦の戦い」で敗れ敗走した平家の一族が、落ち延びた島だと言われています。ここに落ち延びた平家は旗を埋めたことで”旗”とし、平家の平と言う文字に似ている”手”を加えて「旗手」と言う姓を名乗るようになったと言われています。
山口県岩国市錦地域
平家の武将を葬っている平家七墓があるといいます。
山口県下関市彦島
こちらの島に、平家の残党と伝わっている落ち武者達が後年来訪したことが伝わっています。この落ち武者たちは、平家の守本尊の阿弥陀如来像を持参して再興の夢を持ちましたが、法師に諭されたことで、彦島の発展に尽力したとされています。
山口県下関市大字高畑
ここは「壇ノ浦の戦い」があった「早鞆の瀬戸」から直線距離でたった約2kmしか離れていない谷間の集落です。戦場からあまりに近すぎる「灯台もと暗し」状態だったため、追手に気づかれなかったと言い伝えられています。こちらには平家塚と呼ばれる場所に、五輪塔などがあります。

中国地方の平家の落人伝説

福岡県北九州市八幡西区上上津役
乳飲み子を連れ逃げた平家方の女性が、源氏方の武者に赤子の声を聞かれてしまったため、見つかりそうになったことから親子ともども命を絶ったという伝説があります。
福岡県北九州市小倉南区合馬
安徳天皇に随行した官女が遊女になって、そして後に病死したという伝説があります。
福岡県糸島市二丈満吉唐原地区
平清盛の嫡男で、平重盛の内室と二人の姫の「千姫」と「福姫」が、筑前の武将の原田種直を頼って落ちのびました。隠れ住んで1年ほどが経った頃に、源氏からの刺客が謝し向けらて、2人の姫を殺害したため、この事件を目の当たりにした内室は自害したという伝説が残っています。
福岡県筑紫郡那珂川町安徳
このしなる安徳台は、源平合戦の最中に、現地の武将の原田種直が帝を迎えたとされています。
長崎県対馬市
こちらも 安徳天皇が落ち延びて住んだという伝説が残っています。
長崎県佐世保市
平家盛が上陸してこの地の領主となって、宇久氏を名乗りこの宇久氏は後の福江藩主五島氏の前身と言われています。
佐賀県唐津市
平清経が逃げ落ちて、釣田氏を名乗ったとされています。
熊本県八代市泉地区
平清経がこの地にある五家荘に落ち延びたとされています。平家の落人の伝承の「久連子古代踊り」があります。
大分県宇佐市院内区域
こちらには 平家七人塚、経塚の由来になっています。宇佐にいた平家一門が駅館川の支流の院内川を遡って大門に辿り着いたとされています。平家落人は信仰厚いため、この地に住むのは安全な地でした。
宮崎県東臼杵郡椎葉村
平家残党討伐に入った下野国の住人の那須宗久が、この地に入ったときに平清盛の末孫とされる鶴冨姫と恋仲になり娘が生まれました。そして娘婿が那須せいを名乗って椎葉を治めたというわれています。この一連の逸話を歌ったのが、「ひえつき節」という宮崎県を代表する民謡です。
鹿児島指宿市
砂蒸し風呂で有名な指宿にも落人伝説があります。
鹿児島県種子島
平清盛の孫行盛の遺児が、北条時政の養子となって時信と名乗って種子島に入ったとされています。その他にも平経正や平業盛たちの30あまりの史跡があるとされています。
鹿児島県喜界島
奄美諸島に到着した平家が、一番最初に築いた浦上城跡だといわれています。
鹿児島県奄美市
平有盛を祀っている平有盛神社があります。有盛が築いた浦上城跡だといわれています。
鹿児島県垂水市
安徳天皇が硫黄島から移ってきて、13歳で崩御したと伝えられています。
沖縄県宮古島
落ち武者の古刀などの遺品が伝わっているほか、「平良」さんと沖縄に多い苗字は平家の姓が由来ともいわれています。
沖縄県竹富島
赤山王は元々は平家の落人で、流れ着いて竹富に来たといわれています。なごみの塔は赤山王が居城した跡だといわれています。
沖縄西表島
豪族の慶来慶田城用緒(けらいけだぐすくようちょ)は、自称平家の末裔を名乗っていました。

平家の落人伝説が伝わる秘境の温泉をご紹介しましょう

平家の落人伝説と落人時代の習慣が、未だ残る秘境の温泉地のひとつに奥鬼怒温泉郷があります。秘境の温泉宿を尋ねるには、アクセスが悪いのが普通で、徒歩で3時間歩いていくしか手段がない宿もあります。秘境の地といわれるところには、平家の落人伝説がたくさん残っています。源氏から逃れるために人里離れた場所へ逃げ、そこで暮らしていたのでしょう。平家落人伝説が残っている土地と、秘境選定100をご紹介していきます。